観音堂入仏落慶奉告法要

十一月三日(祝日)、天台宗神奈川教区宗務所長、下末吉 寶塔寺ご住職 榎本昇道大僧正様を大導師のお迎えし、観音堂入仏落慶法要を厳修させていただきました。

【稚児お練り行列】

 当日は、法要に先立ち、お稚児さん十五名とともに式衆の僧侶・大導師によるお練り行列を行いました。

 

【観音堂如意輪観世音菩薩開眼法要】

 お練り行列に続き、観音堂にお祀りした如意輪観音様の開眼法要を大導師様・諸大德に厳修いただきました。

 

【観音堂入仏落慶奉告法要】

 本堂に場所を移し、観音堂入仏落慶奉告法要を厳修いたしました。法要では、天台声明の調べの中、大日本茶道学会正教授 晝間仙玄師による献茶作法により、ご本尊様に献茶を行っていただきました。厳粛な法要となりました。

 

【落慶記念式典】

 法要に引き続き、記念式典では、今回の事業にご協力いただきました檀信徒、各業者に表彰状・感謝状を授与させていただきました。

 

 皆様にご協力いただきました「観音堂再建・境内整備・墓地新設事業」はこの落慶奉告法要をもちまして、無事終了となります。

 ご協力をいただきました皆様に改めて御礼申し上げるとともに、これからも引き続き、本覺寺の寺門興隆にお力添え賜りますようお願い申し上げます。