地鎮式を厳修いたしました

 地鎮式は、建物を建築する前に、堅牢地神様に土地の一郭を譲り受け、工事の無事を祈願する法要です。今回、観音堂を建設するにあたり、天台宗の法式に基づき、平成29年3月13日(月)に地鎮式を厳修いたしました。

 地鎮式には、本覚寺の総代・世話人、施工業者の各社はじめ今回の計画に携わってくださった皆様にご出席をいただきました。

 法要の式衆には、本覚寺の法類である日吉

金藏寺様、寺谷 天王院様、菅沢 寶泉寺様、組寺総代である獅子ヶ谷 光明寺様のご出仕をいただきました。