平成28年11月法語

 

   ほう    もと       しるし                               

 

 法を求めし徴には

  ひじ    も       つか

 臂を燃して仕へつつ

 

     わ     み     ずい  のう くだ            

 

 我が身の髄脳砕きて   

   ぼ  さつ    くらい 

 菩薩の位得たりける

 

 今月の法文歌は、法華経薬王菩薩本事品第二十三について、詠まれた歌です。