平成25年12月法語「甘露」

甘露は、甘露煮や飴の名前などで聞いたことのある言葉だと思います。

 

インドのサンスクリット語のアムリタを訳した言葉です。

天の神々が不死を得るための飲料でこれを飲むと苦悩が去り、長寿になり、

死者も甦らせるといわれています。

転じて、仏の教え、仏の悟りなどに譬えられます。

 

中国では、天から与えられる甘い不老不死の霊薬で、

為政者が善政を敷き、天下泰平になった時、

天が降らせる露のことを意味します。

 

現代の日本は、様々な問題を抱えています。

いつになれば天下泰平になり、甘露の雨が降ってくるのでしょうか。

 

1年を振り返ると懺悔することも多いと思いますが、

来年こそ為政者によって善政が敷かれ、

甘露の雨が日本に降り注ぐ1年になってほしいものです。

 

     合 掌