平成25年2月法語 「投機」

経済用語で「投機」という言葉を耳にすることがあります。

「短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為」

を意味し、ギャンブル的な取引を意味します。

 

しかし、この「投機」ですが、もともとは仏教用語です。

「師匠の心と弟子の心が一致し投合すること」を意味します。

 

ニュースを見ていると、学校の課外活動の場やある競技の

日本代表選手などへの暴力・暴言・体罰問題が取り沙汰されています。

 

ある意味、指導者の指導能力不足を隠すために暴力・暴言を利用し、

指導者の心と選手の心が一致し投合することを行わなかった結果の

ような気がします。

 

暴力などに訴えることは何があっても、決して良いことではありません。

今、私たちに必要なことは、まさしく「投機」、心と心の対話です。

 

日常の生活の中で家族・友人・近所の人たちと心と心の対話を実践して

みましょう。

 

                              合掌