平成25年1月法語 「慈悲護念」

平成25癸巳年新年のご挨拶を申し上げます。

 

本年は、當山開創330年、中興280年、本堂再建25年の

祥當でございます。

 

平成25年1月の法語は、「慈悲護念」(じひごねん)です。

「私たち、生きとし生けるものは、仏様、ご先祖様の慈悲によって

守られている。」という意味です。

 

私たちは、日々、仕事・家事・勉学などに追われる毎日を

過ごしています。その日々の営みの中に、嬉しい、楽しい、

悲しい、辛いなど様々な感情を表現し、生活をしています。  

 

ありふれた日常を当たり前の如く、私たちは生活している

のではありません。目的・目標をもって生活しなければなりません。

 

その目的・目標を達成するには、仏様やご先祖様に守られている

ことを感じ、日々、精進するしかないのです。

 

年頭にあたり、まず、今年一年の目標をたて、仏様やご先祖様に

誓いをたててみませんか。必ずや仏様やご先祖様の慈悲によって

守られることでしょう。                  

                            合掌