平成24年10月法語 「自らの 心を磨く 落ち葉掃き」

10月になり、これから秋が深まっていく頃ですね。

 

「食欲の秋」など魅惑的な言葉がありますが、お寺にとっては、

やはり「落ち葉の秋」です。

 

毎年10月の中旬からは、墓地や境内地の落ち葉掃きが始まります。

 

落ち葉を掃いていますと、掃いたそばから落ち葉が落ちてきたり、

掃いてまとめた落ち葉が再び風に運ばれてしまうなど本当に

いろいろなことがおきます。

 

そのたびに怒っていては、掃除は進みません。怒ることなく

掃くことによって、自分の心にある醜い気持ちなども一緒に

掃き清めるように掃除を行っています。

 

みなさんもただただ掃除するのではなく、自分の心を磨くように

掃除されてみてはいかがでしょうか。

            

                             合掌