平成24年6月法語 「一身弁じ難く 衆力成じ易し」

6月4日は、天台宗の宗祖伝教大師最澄上人のご命日です。

この命日に行う法要を「山家会」(さんげえ)と呼んでいます。

 

さて、6月の法語は、「一身弁じ難く、衆力成じ易し」です。

この言葉は、伝教大師が比叡山に初めて梵鐘建立を発願した時の

勧請文の一説です。

 

「一人だけの力では困難なことも、大勢の人が力を合わせると

成功することができる。」という意味になります。

 

私たちは、一人で生きている訳ではなく、自分以外のすべてに

よって生かされています。

そして、仕事においても、一人で仕事している訳ではなく、

すべての仕事が周りの人々との取引やチームワークによって

仕事が行われています。

 

一人だけの力では困難なことも、大勢の人が力を合わせると

成功することができるということは、忘れやすいことですが、改めて、

周りの方々への感謝の気持ちなど考えてみてはいかがでしょうか。

 

                             合掌