横浜大空襲・本堂再建の日

本日、5月29日は当山にとって、とても意味深い日です。

 

昭和20年(1945)5月29日、米軍によって行われた

横浜大空襲は、約8,000人~10,000人の死者を

出しました。そして、横浜の地を焼野原にしました。

 

当山の本堂は、この横浜大空襲により焼失しました。

 

それ以来、本堂は、仮本堂のままでした。

 

昭和63年(1988)5月29日、檀家・地域の方々のご尽力に

より現在の本堂が再建され、天台座主 故 山田惠諦大僧正を御親修

により落慶法要が厳修されました。

 

このように当山にとっては、本堂が焼失した日あり、本堂が再建された

日でもあります。

 

最後になりましたが、横浜大空襲の戦没者の御霊のご冥福をお祈り

申し上げます。

 

                               合掌