9月法語「懐兎」

9月の法語「懐兎」は、月の別名であります。

「月が懐に兎を抱く」という意味になります。

 

日本には、月に兎が住むという伝承があります。

これは、仏教の説話集『ジャータカ』が発端であると言われています。

 

『ジャータカ』には、下記のような物語があります。

 

猿・狐・兎の3匹が、力尽きて倒れている老人に出会い、

老人を助けるために、猿は、木の実を集め、狐は川から魚を捕り、

老人に与えました。

兎は、何も採ることができず、猿と狐に頼み、火を焚いてもらい、

その火の中に飛び込んで、自分自身を食料として捧げようとしました。

この姿を見て、老人に扮していた帝釈天は、正体を現し、

兎の捨身の慈悲行を讃え、後世に伝えるために、

永久に月の中に兎を置いてあげました。

 

月の兎の周囲に、煙のようなものが見えるのは、

自分の身を焼いた煙と言われています。

 

また、兎が杵と臼を持っているのは、中国の神仙思想の影響で、

不老不死の薬の材料を杵と臼で打って、

粉にしているという伝承が日本に伝わりました。

しかし、日本では、不老不死の薬という思想はなかったので、

身近にあった、餅つきに変化したとされています。

 

9月12日は十五夜です。

慈悲深い兎を家族そろって、眺めてみませんか。

                         合掌