葬儀について

葬儀は、故人と最後の別れを惜しみ、

故人を次の世に送る厳粛な儀式です。

 

愛する人を見送ることはとても辛く、

お釈迦様はこの苦しみを「愛別離苦」と言って、

人生において避けては通れない苦しみの一つだと教えています。

 

天台宗の葬儀の主な目的は、

故人の冥福を祈るとともに、父母・ご先祖様に生命への感謝をし、

生きることの本質を見極める大切な場をつくることです。

 

供養する遺族・親類縁者、供養される故人が一体となり、

仏の本性を開発し、共に仏道を成じていくことが

葬儀の本質とされています。

 

当山では、本堂を会場に通夜・葬儀を執り行うことができます。

ご親族のみの葬儀から遠慮なくご相談ください。

 

故人の方に心こめて感謝を申し上げ、

ご冥福をお祈りする場を提供させていただきます。

 

なお、当山の檀信徒以外の葬儀もお受けしております。(菩提寺に所属されていない方)

生前葬に関するご相談も受付しております。


 

お問い合わせはこちらから

※お急ぎの場合は、お電話にてご連絡ください。