本覺寺境内整備計画概要

■概要

■経緯

■メンバー

■概要

【観音堂の再建】

江戸時代に、本覺寺境内にあったとされる観音堂を再建いたします。

・家内安全・交通安全・諸願成就等の護摩祈願を行う道場

・家族葬など少人数の葬儀の斎場

・墓参の折の休憩のための東屋

・樹木墓に埋葬される方の礼拝所

・本覺寺子屋や地域の催事などへの利用

・多目的トイレ

などの役割を担う、本堂に次ぐ礼拝施設として計画しています。

【境内整備】

檀信徒の皆様により使いやすい施設にするための改修を行います。

・駐車場を7台新設

・山門の改築

・水屋の移設

・書院玄関のバリアフリー化

・書院トイレの改修

・客間を椅子席にするための改修

・書院台所、倉庫等の改修

【墓地新設】

不足している墓地を、社会環境にあわせた新しい形式を取り入れ新設します。

・檀家型墓地・・・従来の家族で代々お守りいただく墓地を12基新設します。

 (里の墓)

・壁式個人墓・・・親子・夫婦・パートナー・友人など3名まで納骨できる墓地を

 (道の墓)   30基新 設します。代々の継承は不要です。

・永代供養墓・・・骨壺のまま納骨できる永代供養墓を新設します。

 (桜の墓)   桜の木の下に埋蔵されます。

・樹 木 墓・・・自然豊かな立地を活かした樹木墓を新設します。

 (森の墓)

■経緯

 今回の事業は、本覺寺境内前の土地の返還・購入を行ったことにより始まりました。

 戦後、農地改革により、境内地の一部が当時の本覺寺住職(第17世)の個人名義の土地となったまま、昭和59年の第17世住職の遷化により、相続人にわたり、本覺寺から長らく離れていました。この土地が平成25年からの協議により、平成26年に当山に戻ってきたことから、土地の利用方法について、検討を重ねていきました。

 検討にあたり、神奈川大学工学部建築学科の皆様にご協力いただき、土地の活用に向けたデザイン等を検討してまいりました。検討段階では、獅子ヶ谷の歴史や本覺寺の位置づけなど、文献調査や檀信徒・地域の方々へのインタビューをはじめ様々な角度からの研究が行われ、本覺寺境内に江戸時代に存在した観音堂の再建、書院を中心とする整備、不足している墓地の新設の計画を策定いたしました。

 神奈川大学の皆様による建築・整備のグランドデザインは、土地の形状を活かし、歴史を踏まえ、地域の拠点となる場にふさわしい案を複数提案いただいた上で、よりよい形にまとめ上げていきました。

 墓地の設置に関しては、平成28年より事前申請・近隣住民への説明会などを行い、法定の手続きを進めてきました。 平成29年1月23日付にて、横浜市に対して、永代供養墓・樹木墓を含む墓地44基の「墓地等経営許可申請」を提出し、平成29年2月17日付けにて許可がおりました。また、平成29年1月27日付にて、本覺寺掲示板に宗教法人法第23条に基づき、「観音堂新築についての公告」及び「本覚寺の森 観音霊園新設についての公告」を1ヵ月の間掲示いたしました。

 観音堂を建築するにあたり、確認機関に対して、建築確認申請をしておりましたが、平成29年2月21日付けで確認済証の交付を受けました。

 これを受け、平成29年3月6日より、境内整備工事に着手し、3月13日に地鎮式を執り行いました。

工事の進捗状況については、こちらで画像で皆様にお知らせしております。

■メンバー

デザイン:西日本工業大学三笠研究室 + ヒットデザイン一級建築士事務所  一級建築士 辻 瞳  + 神奈川大学曽我部吉岡研究室

1.名前

三笠友洋/みかさともひろ

 

2.所属

西日本工業大学デザイン学部建築学科

 

3.プロフィール

1978 広島生まれ

2008 神戸大学大学院博士後期課程修了

2008 福岡大学工学部建築学科助教

2010 神奈川大学工学部建築学科特別助教

2016 西日本工業大学デザイン学部准教授

 

4.整備事業に対して一言

マスタープランにはじまり細部のデザインにいたるまで、

住職や地域のみなさまとじっくりと時間をかけて進めてきた計画が

いよいよ実現の段階に来たことをうれしく思います。

新しい境内が長い年月をかけ、地域に愛されるお庭のような場所と

なってほしいと期待しています。

 

5.URL

https://nit-mkslab.localinfo.jp/

 

1.名前

曽我部昌史/そがべまさし

 

2.所属

神奈川大学工学部建築学科

 

3.プロフィール

1962年福岡生まれ

1988年東京工業大学大学院修了後、伊東豊雄建築設計事務所、東京工業大学助手を経て、

1995年みかんぐみ共同設立。

2001年東京藝術大学先端芸術表現科助教授

2006年神奈川大学建築学科教授

 

4.整備事業に対して一言

新しい環境がうまれる貴重なタイミングに関わることができて、大変光栄です。整備事業が完了した後も、長い時間のなかで、よりよい環境へと成長していくことを楽しみにしています。

 

5.URL 

http://blog.goo.ne.jp/sogabemasashi


設計:ヒットデザイン一級建築士事務所  一級建築士 辻 瞳

1.名前

辻 瞳/つじひとみ

 

2.所属

ヒットデザイン一級建築士事務所

 

3.プロフィール

1981 京都府生まれ

2005 神戸大学大学院博士前期課程修了

2005 無有建築工房、設計組織ADHに勤務

2012 ヒットデザイン一級建築士事務所 設立

 

4.整備事業に対して一言

本覚寺の素晴らしい環境や活動に出会い、整備計画に携わらせて頂きましたことにとても感謝しております。

新しい場所が、檀家の皆さまや地域の皆さまの、信仰、交流など様々な活動の手掛かりとなり永く育まれていきますよう願いつつ、工事関係者とともに事業を進行して参ります。

 

5.URL

http://hitdesign-a.com/


仏 像:仏師 黒柳奈未子

1.名前

黒柳奈未子/くろやなぎなみこ

 

2.所属 なし
3.プロフィール
 愛知県名古屋市生まれ。
 2007年   東京藝術大学美術学部彫刻科卒業。  
 2009年   同大学大学院美術研究科文化財保存学保存修復彫刻修了。
 2009年   お仏壇のはせがわ賞受賞。
 2012年   博士号(文化財)取得。
 2012年   安宅賞奨学基金受賞。
  現在は個人で制作活動中。
  カンボジアでのアンコール遺跡保存修復、仏像修復作業にも従事。
4.整備事業に対して一言
  皆様の仏さまを彫るという自覚を持ち、皆様に永く愛されるような如意輪観音像を心を込めて彫らせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。
5.URL
黒柳奈未子HP https://www.kuroyanaginamiko.com/

観音堂建築・墓地整備:菊池組


植  栽:冨士造園


石 材 店:古田石材店


仏具・什器:株式会社 安藤